河川技術フォーラム - 柔構造樋門設計の手引き - 浮き固化改良体基礎と液状化対策について

当サイトは国土技術研究センターの主催する河川工学/技術系掲示板です

当サイトは、主に以下の目的で運用しています。
 →JICE発刊の河川系書籍に関する質問の受付と回答
閲覧に制限はありませんが、投稿するためには簡単な登録が必要です。
 →閲覧:誰でも自由に行えます
 →投稿:登録とログインが必要です

 河川分野の技術者同士が、河川技術分野に関して気軽に意見交換でき、且つ参加者間の意見交換を閲覧できることにより、多くの技術者への情報提供や問題意識の共有がなされること、そして、参加や閲覧の利用規定を遵守され、本フォーラムの場が有効活用されることを期待しています。
河川技術フォーラム運営事務局
メイン
   河川構造物分野
     柔構造樋門設計の手引き
   浮き固化改良体基礎と液状化対策について

このスレッドを見ているのは:   1 匿名ユーザ

 

  ボトム    前のトピック    次のトピック
  •  スレッドの評価
      このスレッドを評価
      100点
      75点
      50点
      25点
      0点
投稿者 スレッド 評価:  1 評価
  •  akira
      akira
浮き固化改良体基礎と液状化対策について
#2
一般参加者
登録日: 2011-1-13
居住地
投稿: 2
Level : 1
HP : 0 / 0
MP : 0 / 19
EXP : 2
グループ:
登録ユーザ
オフライン
柔構造樋門設計の手引きでは、樋門は原則として柔構造樋門とすると記載されています。
基礎形式として、沈下量を抑制するため、浮き固化改良体基礎を採用した際に、未改良部分に液状化対象層が残るとします。
その場合、同手引きで液状化の判定をすると記載されており、検討の結果で液状化すると評価された場合はどの様に対処するのでしょうか?
液状化層が支持層直上に位置する場合、液状化対策として地盤改良の深度を延伸すると改良体が着床し、柔構造から剛構造樋門に構造形式が変わると思います。
このような場合、液状化対策と柔構造形式の採用のどちらを優先すべきでしょうか?
また、近年は耐震性能照査が義務化され、液状化判定はほぼ必須となり、仮に柔構造形式を優先し、静的照査で地盤変形解析を行った結果、耐震性能3で継手部の安全性が確保出来ないとなれば、液状化対策の実施まで設計を見直すのでしょうか?
逆に、液状化する→必ず液状化対策を行うとすると、深部に液状化対象層がある樋門は、柔構造樋門は採用しがたいと判断することになります。
上記のように、柔構造形式と液状化対策はどのように判断すれば良いか教えて下さい。
投稿日時: 2011-1-13 11:06
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
題名 投稿者 日時
     Re: 浮き固化改良体基礎と液状化対策について nonome 2011-1-19 13:05
 トップ   前のトピック   次のトピック

 


 新規スレッドを作成することはできません。
 スレッド一覧を閲覧することができます。
 投稿に対する返信はできません。
 自分の投稿を編集できません。
 自分の投稿を削除できません。
 新規の投票を追加できません。
 評価できません。
 投稿にファイル添付はできません。
 投稿には承認が必要です。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録