河川技術フォーラム - 柔構造樋門設計の手引き - 柔構造樋門設計手引き(プレキャストの鉄筋かぶり)について

当サイトは国土技術研究センターの主催する河川工学/技術系掲示板です

当サイトは、主に以下の目的で運用しています。
 →JICE発刊の河川系書籍に関する質問の受付と回答
閲覧に制限はありませんが、投稿するためには簡単な登録が必要です。
 →閲覧:誰でも自由に行えます
 →投稿:登録とログインが必要です

 河川分野の技術者同士が、河川技術分野に関して気軽に意見交換でき、且つ参加者間の意見交換を閲覧できることにより、多くの技術者への情報提供や問題意識の共有がなされること、そして、参加や閲覧の利用規定を遵守され、本フォーラムの場が有効活用されることを期待しています。
河川技術フォーラム運営事務局
メイン
   河川構造物分野
     柔構造樋門設計の手引き
   柔構造樋門設計手引き(プレキャストの鉄筋かぶり)について

このスレッドを見ているのは:   1 匿名ユーザ

 

  ボトム    前のトピック    次のトピック
  •  スレッドの評価
      このスレッドを評価
      100点
      75点
      50点
      25点
      0点
投稿者 スレッド 評価:  1 評価
  •  hideaki-u
      hideaki-u
柔構造樋門設計手引き(プレキャストの鉄筋かぶり)について
#3
一般参加者
登録日: 2010-4-5
居住地
投稿: 3
Level : 1
HP : 0 / 2
MP : 1 / 83
EXP : 10
グループ:
登録ユーザ
オフライン
現在、柔構造樋門の設計を行っております。
函渠工の比較検討で鉄筋かぶりの面から、プレキャストボックス案を修正すべきか悩んでおります。
「柔構造樋門P192」では、工場製作のプレキャストコンクリートの場合、鉄筋最小かぶりは、3cmとされています。
しかし、一般的に市場で流通しているPC・RCボックスは、「プレキャストボックスカルバート設計施工マニュアルH17.5版(全国ボックスカルバート協会)」に準拠しており、最小かぶりが2.5cm以上とされています。このため、「柔構造手引きH10.10版」を遵守するには、特注でかぶりの厚い製品を準備する必要があります。
省力化やコスト縮減を狙った、最新の「土木構造構造物ガイドライン[樋門]H11.10版」の考えともなじまないような気がします。
どうしても、「柔構造手引きH10.10版」の鉄筋最小かぶり3cmを確保する必要があるのでしょうか。
ご教示いただけませんでしょうか、よろしくお願いいたします。
投稿日時: 2010-8-5 11:33
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
題名 投稿者 日時
     Re: 柔構造樋門設計手引き(プレキャストの鉄筋かぶり)について nonome 2010-8-13 9:10
       Re: 柔構造樋門設計手引き(プレキャストの鉄筋かぶり)について hideaki-u 2010-8-19 10:08
 トップ   前のトピック   次のトピック

 


 新規スレッドを作成することはできません。
 スレッド一覧を閲覧することができます。
 投稿に対する返信はできません。
 自分の投稿を編集できません。
 自分の投稿を削除できません。
 新規の投票を追加できません。
 評価できません。
 投稿にファイル添付はできません。
 投稿には承認が必要です。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録