河川技術フォーラム - その他JICE書籍 - 津波の河川遡上距離の簡易推定手法について

当サイトは国土技術研究センターの主催する河川工学/技術系掲示板です

当サイトは、主に以下の目的で運用しています。
 →JICE発刊の河川系書籍に関する質問の受付と回答
閲覧に制限はありませんが、投稿するためには簡単な登録が必要です。
 →閲覧:誰でも自由に行えます
 →投稿:登録とログインが必要です

 河川分野の技術者同士が、河川技術分野に関して気軽に意見交換でき、且つ参加者間の意見交換を閲覧できることにより、多くの技術者への情報提供や問題意識の共有がなされること、そして、参加や閲覧の利用規定を遵守され、本フォーラムの場が有効活用されることを期待しています。
河川技術フォーラム運営事務局
メイン
   その他JICE書籍
  津波の河川遡上距離の簡易推定手法について

このスレッドを見ているのは:   1 匿名ユーザ

 

 ボトム   前のトピック   次のトピック
  •  スレッドの評価
      このスレッドを評価
      100点
      75点
      50点
      25点
      0点
投稿者 スレッド 評価:  1 評価
Re: 津波の河川遡上距離の簡易推定手法について
#3
常連参加者
登録日: 2008-10-27
居住地 東京都港区虎ノ門3-12-1 ニッセイ虎ノ門ビル7F
投稿: 12
Level : 2
HP : 0 / 31
MP : 4 / 1293
EXP : 25
グループ:
サイト管理者
オフライン
 添付ファイルがうまく添付できませんでしたので、取り急ぎ、論文名をご紹介します。

 「河川における津波高の概略値を推定する簡易手法」
 土木学会 河川技術論文集 第14巻 p91-96 2008年6月
 千葉周二・折敷秀雄・岩瀬浩之・藤間功司・見延

 宜しくお願いします。
投稿日時: 2011-3-24 11:47
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
Re: 津波の河川遡上距離の簡易推定手法について
#2
常連参加者
登録日: 2008-10-27
居住地 東京都港区虎ノ門3-12-1 ニッセイ虎ノ門ビル7F
投稿: 12
Level : 2
HP : 0 / 31
MP : 4 / 1293
EXP : 25
グループ:
サイト管理者
オフライン
 お問合せの件について、当時、当センターで検討に携わった折敷氏より、下記の情報提供を頂いたので、ご紹介致します。
 合わせて、参考となる論文もご提供頂きましたので、添付致します。

<本手法を提案するに至った研究の背景と経緯>
 日本大学大学院講師   折敷 秀雄

 本研究で提案する手法は,詳細な河川地形等のデータや数値計算などの専門的技術を必要とせず,河口の津波諸元(津波高など)と対象河川の地形的条件(平均的な水深や河床勾配など)から河川内の概略の津波高と遡上距離を手計算で求めることを目標にした.
 具体的には、河口での津波諸元を与条件として,河川条件を変化させながら1次元の数値計算によって上記2つの概略値に対する感度分析を行い,相関性の高い項目を抽出する.抽出された項目を用いて上記2つの概略値を簡易に推定する式を導出した。

 また、この方法は、平面2次元解析によって波源から津波高の算定を行おうとする河川において,あらかじめ当該河川における概略の最大津波高,遡上距離を本手法によって求めておけば,解析モデル作成範囲の設定などを効率的に行うこともできると考えた.
 ただし、本式の導出にあたっては過去の室内2次元水路における水理実験データや実河川における粗度係数などの諸データを使用して

○ 河道の縦断形状は直線の河床勾配とする.
○ 河道の横断形状は単位幅,単断面の矩形とする.
○ 底面摩擦はマニングの粗度係数n=0.025とする.
○ 河道の水深は設定した河床勾配およびマニングの粗度係数から得られる等流水深とする.

として整理した。

 上記のように、本手法は限定された条件でモデル設定を行い解析された経緯を踏まえて,河口周辺区域に津波の挙動に影響を及ぼす特異な地形がないことや、解析対象河川の河道形状が直線に近い複雑でないこと等の条件を備えている河川で、限定的に適用できることに留意しなければならない.

 なお、本研究は、日本大学大学院総合科学研究科 首藤伸夫 教授(現 東北大学名誉教授) の指導を受けて著者らが取りまとめたものである。



添付ファイル
添付ファイル:Sizeヒット
pdf 河川における津波高の概略値を推定する簡易手法.pdf 516.17 KB 2778
投稿日時: 2011-3-24 11:36
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
  •  uss
      uss
津波の河川遡上距離の簡易推定手法について
#1
新規参加者
登録日: 2011-3-23
居住地
投稿: 1
Level : 1
HP : 0 / 0
MP : 0 / 0
EXP : 0
グループ:
登録ユーザ
オフライン
H21年3月付け
「津波の河川遡上解析手法を活用した防災対策検討の進め方」
の5-12、5-13に示される、
津波の河川遡上距離に関する簡易推定手法について、
推定式の導出根拠となっているデータや文献などあれば知りたいと考えております。

どなたかご存知の方おられましたら、お教え下さい。
よろしくお願いします。
投稿日時: 2011-3-23 23:24
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
 トップ   前のトピック   次のトピック

 


 新規スレッドを作成することはできません。
 スレッド一覧を閲覧することができます。
 投稿に対する返信はできません。
 自分の投稿を編集できません。
 自分の投稿を削除できません。
 新規の投票を追加できません。
 評価できません。
 投稿にファイル添付はできません。
 投稿には承認が必要です。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録