河川技術フォーラム - 床止めの構造設計手引き - 床止めの構造設計手引きp69_下流側護床工B区間長

当サイトは国土技術研究センターの主催する河川工学/技術系掲示板です

当サイトは、主に以下の目的で運用しています。
 →JICE発刊の河川系書籍に関する質問の受付と回答
閲覧に制限はありませんが、投稿するためには簡単な登録が必要です。
 →閲覧:誰でも自由に行えます
 →投稿:登録とログインが必要です

 河川分野の技術者同士が、河川技術分野に関して気軽に意見交換でき、且つ参加者間の意見交換を閲覧できることにより、多くの技術者への情報提供や問題意識の共有がなされること、そして、参加や閲覧の利用規定を遵守され、本フォーラムの場が有効活用されることを期待しています。
河川技術フォーラム運営事務局
メイン
   河川構造物分野
     床止めの構造設計手引き
   床止めの構造設計手引きp69_下流側護床工B区間長

このスレッドを見ているのは:   1 匿名ユーザ

 

 ボトム   前のトピック   次のトピック
  •  スレッドの評価
      このスレッドを評価
      100点
      75点
      50点
      25点
      0点
投稿者 スレッド 評価:  1 評価
  •  dai
      dai
床止めの構造設計手引きp69_下流側護床工B区間長
#1
新規参加者
登録日: 2010-12-16
居住地
投稿: 1
Level : 1
HP : 0 / 0
MP : 0 / 0
EXP : 0
グループ:
登録ユーザ
オフライン
下流側護床工B区間長については整流に必要な長さとして計画水深の3〜5倍程度とされています。

そこで質問ですが、計画水量で潜り越流となるため低水流量から流量を漸次増やして計算した場合に、低水流量程度で完全越流となる時の下流側護床工B区間長は、この流量における下流側の等流水深の3〜5倍としてよいでしょうか?
整流に必要な施設延長なので計画水深を対象に決定する必要はないと考えています。

宜しくお願いします。
投稿日時: 2010-12-17 9:08
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
  •  capricon
      capricon
Re: 床止めの構造設計手引きp69_下流側護床工B区間長
#2
常連参加者
登録日: 2008-11-20
居住地
投稿: 25
Level : 3
HP : 0 / 68
MP : 8 / 2249
EXP : 73
グループ:
登録ユーザ
オフライン
整流機能については、跳水がない潜り越流時も必要な事が記載されています。従って、完全越流時の護床工Aと護床工Bの延長と、計画規模での潜り越流対応の護床工Bの延長を比較して、どちらか長い方を延長として採用するの が良いのではないかと考えます。
投稿日時: 2010-12-22 14:20
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
  •  capricon
      capricon
Re: 床止めの構造設計手引きp69_下流側護床工B区間長
#3
常連参加者
登録日: 2008-11-20
居住地
投稿: 25
Level : 3
HP : 0 / 68
MP : 8 / 2249
EXP : 73
グループ:
登録ユーザ
オフライン
構造令では、取り付け擁壁と下流側護岸とのすりつけ角度は剥離が生じない角度とし11°を目安としており、現状では下流側のみに制約があると判断して良いようです。

これは、1989年の土研資料2760号「床止め工に関する調査報告書」が根拠となっております。(土木研究センターが本資料のコピーサービスを行っているようです。)

上流側については、構造令の改訂時や、本書を作成している最中に、事例から上流側のすりつけ角度45°前後という数値が出てきたですが、結果的には調査件数に乏しいとの理由から書かれていないようです。
投稿日時: 2011-1-6 9:35
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
 トップ   前のトピック   次のトピック

 


 新規スレッドを作成することはできません。
 スレッド一覧を閲覧することができます。
 投稿に対する返信はできません。
 自分の投稿を編集できません。
 自分の投稿を削除できません。
 新規の投票を追加できません。
 評価できません。
 投稿にファイル添付はできません。
 投稿には承認が必要です。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録