河川技術フォーラム - ゴム引布製起伏堰技術基準(案) - ゴム堰における護床工B区間の設計水深について

当サイトは国土技術研究センターの主催する河川工学/技術系掲示板です

当サイトは、主に以下の目的で運用しています。
 →JICE発刊の河川系書籍に関する質問の受付と回答
閲覧に制限はありませんが、投稿するためには簡単な登録が必要です。
 →閲覧:誰でも自由に行えます
 →投稿:登録とログインが必要です

 河川分野の技術者同士が、河川技術分野に関して気軽に意見交換でき、且つ参加者間の意見交換を閲覧できることにより、多くの技術者への情報提供や問題意識の共有がなされること、そして、参加や閲覧の利用規定を遵守され、本フォーラムの場が有効活用されることを期待しています。
河川技術フォーラム運営事務局
メイン
   河川構造物分野
     ゴム引布製起伏堰技術基準(案)
   ゴム堰における護床工B区間の設計水深について

このスレッドを見ているのは:   1 匿名ユーザ

 

  ボトム    前のトピック    次のトピック
  •  スレッドの評価
      このスレッドを評価
      100点
      75点
      50点
      25点
      0点
投稿者 スレッド 評価:  1 評価
ゴム堰における護床工B区間の設計水深について
#1
一般参加者
登録日: 2010-1-19
居住地
投稿: 4
Level : 1
HP : 0 / 5
MP : 1 / 153
EXP : 21
グループ:
登録ユーザ
オフライン
「ゴム引布製起伏堰技術基準(案)p.102、表1.12」によると、[護床工B区間長=(3〜5)×計画高水時水深]となります。起伏堰の場合、計画高水時は一般部と同様の流れとなっていることから、すり付け区間であるB区間は必要なくなると考えられます。また、この方法で計算すると、A区間とB区間の長さが同程度となり、堰の規模に比べて護床工長が長く、バランスの悪い構造となる場合があります。起伏堰の場合、河床に対して最も大きな掃流力を発生させると考えられる、Vノッチ発生時における下流水深をもとに護床工B区間長を設定することで、河川砂防基準(案)を満足すると考えられます。上記の表1.12は、[参考]と解釈してよいのでしょうか?。それとも、厳格に遵守しなければならない基準と解釈し、長い護床工B区間長を設定する必要があるのでしょうか?。
投稿日時: 2010-1-19 16:03
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
題名 投稿者 日時
     Re: ゴム堰における護床工B区間の設計水深について Skipper 2010-1-20 15:25
       Re: ゴム堰における護床工B区間の設計水深について mori 2010-1-22 9:12
 トップ   前のトピック   次のトピック

 


 新規スレッドを作成することはできません。
 スレッド一覧を閲覧することができます。
 投稿に対する返信はできません。
 自分の投稿を編集できません。
 自分の投稿を削除できません。
 新規の投票を追加できません。
 評価できません。
 投稿にファイル添付はできません。
 投稿には承認が必要です。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録