浮き固化改良体基礎について

投稿者: kenji 投稿日時: 2011-1-13 15:56:58
お世話になっております。
浮き固化改良体基礎の検討について質問させて頂きます。

?柔構造樋門設計の手引きP243に示される”表2-4-2固化改良体
の一般的な許容圧縮応力度”は設計基準強度ではないのでしょうか?

ex)仮に許容圧縮応力度(望ましい値σck=0.5N/mm2=500kN/m2)だ
とすると設計基準強度quckは1500kN/m2(1.5MN/m2)となり,あま
り実績が無いのではないでしょうか
深層混合処理工法設計・施工マニュアル(H16)でも設計基準強度
の実績の多くは0.1MN/m2〜1.0MN/m2となっております。

?柔構造樋門設計の手引きP233に示されている通り,手引き作
成時(H10)には設計手法が確立されていないと記載があります。
よって,H10以降に改定されている深層混合処理工法設計・施
工マニュアル(H16)を用いて,浮き固化改良体基礎の検討を行
っても問題ないでしょうか
ex)杭式改良とした場合は複合地盤的設計手法を用いる

以上,よろしくお願い致します。

この投稿者: http://forum-river.jice.or.jp/newbb/viewtopic.php?forum=1&topic_id=64&post_id=122