パイピングの照査有無

投稿者: 002620 投稿日時: 2011-12-24 13:28:55
川裏の地盤面が粘性土で堤体が砂質土である場合、パイピング照査は必要でしょうか。(イメージ図添付)
以下二つの考え方があると思っています。
?パイピング照査はあくまで基礎地盤が対象なので、照査は行わない
?堤体と基礎地盤面の土層境界での吸出し有無を確認するため水平方向の照査は必要

Re: パイピングの照査有無

投稿者: capricon 投稿日時: 2012-1-13 11:57:13
基礎地盤が粘性土で、それがある程度の厚さをもっている場合(河川堤防構造検討の手引きでは3mを目安としております)は、パイピングの照査は必要ないと思います。

悩ましいのは、堤体と基礎地盤の境界に、薄い連続した砂質土層があり、その直下に厚い粘性土層があるような場合で、その場合は、一応砂質土層で局所動水勾配をチェックしてはいかがでしょうか。(ただし、そこでパイピングが生じることによって、致命的な被災が生じるかどうかについての判断は、別途現場状況を見てみる必要があると思いますが。。)

この投稿者: http://forum-river.jice.or.jp/newbb/viewtopic.php?forum=6&topic_id=98