Re: 樋門の柔構造基礎の設計手法について

投稿者: tamu55 投稿日時: 2013-10-9 15:28:39
国土技術研究センタ― ご担当者 様

いつもお世話になります。
早速ご回答頂き大変有難うございました。
今後ともよろしくお願い致します。

以上

Re: 樋門の柔構造基礎の設計手法について

投稿者: morinaga31 投稿日時: 2013-10-9 15:08:17
国土技術研究センター 担当者です。

1.設計照査方法について
浮き固化改良基礎として(深層混合処理として)取り扱った方が良いかと思います。(「柔構造樋門設計の手引き」P136参照)

2.改良範囲について
「柔構造樋門設計の手引き」P263には、函体と改良端部は1m以上とありますのでそちらを参照していただけたら良いかと思います。

よろしくご検討下さい。

樋門の柔構造基礎の設計手法について

投稿者: tamu55 投稿日時: 2013-10-9 11:49:40
お世話になります。

樋門の柔支持基礎としてパワブレンダー工法(改良深度5m〜7m程度)による混合処理工法を考えています。
お忙しいところ恐縮ですが、以下2点についてご教示頂けますようよろしくお願い致します。
1.設計照査方法について
?浮き直接基礎として、地盤の支持に対する安定を照査することでよいのか。(表層混合処理として扱う)
?浮き固化改良体基礎として地盤の支持に対する安定に加えて「柔構造樋門の手引きP.258」による改良体の応力度の照査を行わなければならないのでしょうか。(深層混合処理として扱う)

?改良範囲について
「道路土工カルバート工指針P.40」より樋管端部より荷重分散角30°を考慮した範囲を改良範囲と考えるのは妥当でしょうか。

以上

PS
先ほど送信時にエラーとなったようなので再送させて頂きました。
届いているようなら本メールの削除よろしくお願い致します。

この投稿者: http://forum-river.jice.or.jp/newbb/viewtopic.php?forum=1&topic_id=169